『問題解決の基本手順』

毎日の仕事の中で判断に迷うことや解決の糸口が見つからないようなケースも時々発生することがあるでしょう。
発生した問題や課題について十分考えていますか?
以下にその基本手順を示します。

*まず
現状分析。事実を再整理。情報を確認。  これらのことを行うことで問題をはっきりさせる。


*次に  
問題や課題がはっきりすれば、それを分析する。  
真の問題点は?原因は?お客さまの要望は?


*そして  
解決方法を考える。
A案、B案、C案とグッドアイデアを探し出す。
一人よりは二人の方が知恵も出る。


*最後は  
早くするには、安くするには、効率よくするには、お客さまに喜んでもらうにはなどを考え、最も良い案を選ぶ。

これらの手順を踏まえて、問題・課題発生から解決策を見いだすことになります。 こういうことが基本と思います。意識して実行してください。

この思考が習慣にならないといけません。

前の記事へ 次の記事へ