『 牽牛子塚(けんごしづか)古墳 』 

2009年に明日香村教育委員会が範囲確認調査をしたらしい。

一辺22メートル、高さ4.5メートルの八角形墳ということを確認。

二上山周辺の、凝灰岩切石を使用していると本に書いてある。どんな石なのかよく分からない。

専門書には難しいことが書いてあるので、読んでいても面白くない(素人なので)。

飛鳥駅からさほど遠くないのだが、村の道は迷路のようで、表示も不明確。古墳を見つけるのに、かなり苦労をした。

道を間違って村の人に2回も聞いた。私は方向音痴。もう少し分かりやすく、親切に表示してほしい。

古墳は調査中で、シートをかぶせてありガッカリ。正面から少し石室が見えたので写真に収める。

周りは畑と小山、墓にふさわしい環境。千数年経ても多分良く似た風景。これすごいと思うのですが。

明日香は大きく変わらないのが魅力かも!

前の記事へ 次の記事へ